バカと天才と理解
人は、自分の価値観で物事を判断する。
そして、自分以外の誰かの考えや行動も、
自分と同じ価値観で判断する傾向がある。

それはつまり、
相手の価値観を受け入れてない事になる。
相手の価値観を理解しようと
していない事になる。

しかし、自分以外の第三者の
価値観、自分とは違う価値観を
受け入れなければ、成長は望めない。

自分の価値観だけで
物事全てを判断していくのは、
とても危険な事でもある。

そうなると、他の人の行動や
考え、判断などが理解できなくなる。

そして、自分は天才だけど、
あいつはどーしょーもないバカだ。
という単純で、魅惑的な結論に
いたろうとする。

さて、この状態は
いい状態といえるだろうか?
この状態で人は
成長できうるんだろうか?

誰かの行動や判断が気に入らない時、
そんな時、もしかしたらあなたは、
その人の価値観を
無視しているのかもしれない。

何故、その人がそういう判断をして、
そういう行動をとったのか、
理解しようという努力を
放棄してしまっているのかもしれない。

そして、自分の価値観を
押し付けようとしているのかもしれない。

何故、彼はそんな行動をしたのか?
何故、彼女はそう判断したのか?
何故、彼はあんな態度を振舞うのか?

その理由を考えてみよう。
その原因となる、価値観や知識、
考え方などを理解しようとしてみよう。

そうすることで、
その人は全く違う現実を、、、、
あなたと同じものを見てたとしても、
あなたとは全く違う現実を
見ていることにきづく。

そうすることで、
新しいモノの見方、新しい考え方、
新しい価値観を
あなたは理解することができる。

そして、望めば、
それを手に入れることができる。

自分の考えを理解してもらうには、
まず、相手の考えを理解しようとする事。
相手を知ろうとすること。

相手に自分が勝手につけた、
レッテルから見るのではなく、
本当の相手の姿を見ようとすること。

-小川忠洋氏のメルマガよりー

真組の親方・太田真史!まだまだ修行中!
by ma-gumi | 2014-06-05 09:20 | 親方’s note


<< アウェイ脳を磨け! Goka-3  8号橋A・Bライン >>