カテゴリ:親方’s note( 78 )
希望の朝日がめでたく昇る!
d0172802_14043851.jpg
毎年恒例の熱田神宮への参拝・安全祈願!遅れ馳せながら、今年もさせていただきました。
Team真組!夢にむかって、がんばります!

by ma-gumi | 2015-01-21 14:16 | 親方’s note
2015年スタート!
d0172802_10183286.jpg
あけましておめでとうございます。今年もTeam真組をよろしくお願いいたします。
d0172802_10184152.jpg
雪化粧の浅野川(梅の橋)
d0172802_10185277.jpg
祝・成人!おかげさまです。
d0172802_10190684.jpg
ご当地ゆるキャラ!ひゃくまんさん!

2015年!春には北陸新幹線の開業、秋には金沢マラソン開催とワクワク・ドキドキの年がスタートしました。
Team真組も10月には、おかげさまで創業20周年をむかえます。
今年度はタフなチーム創りを目標に、まずは当たり前のレベルアップからスタートさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本年も皆様にとって最高の一年でありますように。


by ma-gumi | 2015-01-12 10:53 | 親方’s note
「お前のやり方いつまでも続かんよ!」


あなたは、こんな感情を
抱くことはありませんか?

・失敗して恥をかきたくない
・批判されたら腹が立つ
・傷つくのは怖い

人間、誰しもそういった感情を
持っていることでしょう。

私は以前、経営コンサルタント
だったのですが、その当時、

「恥をかきたくない、
 失敗したくない」

という感情をかなり
強く抱いていました。

失敗したくない、
批判されたくない
という気持ちから、
仕事に対して何事にも
完璧さを求めていました。


そして、だれよりも、
「賢くありたい」と
思っていました。


その当時、1つ1つの仕事は
キッチリやっているから
上司からは評価されるし、
成果もそこそこ出てましたので
自分ではこの仕事のやり方で
いいと思っていました。

その時は、1つ1つのことを
完璧に仕上げようとすると

その分エネルギーが分散して、
トータルの成果を損なうということに
気づいていませんでした。

いや、正確に気づいてはいましたが、

・失敗して恥をかきたくない、
・批判されたくない、
・賢いヤツだと思われたい

という感情から仕事の仕方を
変えられなかったのかもしれません。。。

その時は、
成果よりもどう思われるかの方が
自分にとって
重要だったのかもしれません。


最近では恥をかくことや
失敗することに対する恐れが
以前に比べて弱くなってきました。

年を重ねるごとに、
周りにどう思わるかが
どうでもよくなってきた
のかもしれません。

というか、「こいつはバカなヤツ」
とさえ思われた方が、
バンバン失敗出来て、
最終的に成果を出せるのでは
とさえ思っています・・・。


あなたは、どう思いますか?

吉田健吾氏 メルマガ デキるビジネスマンを気取るダメなやつ! より


人の目ばっかり気にしてた20代の頃、先輩に伝えられた言葉
「真史!お前のやり方いつまでも続かんよ!!」を思い出しました。
Team真組!バカになって、バンバン!ゴーヘイ!!




by ma-gumi | 2014-10-04 14:30 | 親方’s note
Happy Birthday & Anniversary 2014.9.27
d0172802_10520764.jpg
誕生日・結婚記念日!おめでとう♬
って子供達から、とても素敵なプレゼント!
おっさんのオイニー(笑)を消すSOAPS×2とピンキーリング!
最幸の家族に感謝です。
太田真史、父親としても親方としても顔晴りつづけます。



51つながりってことでこちら



by ma-gumi | 2014-09-27 21:24 | 親方’s note
真の協力者に感謝!

顕在意識は、価値観であり、
価値観には、相対があります。

価値観に基づいて、
あなたの思う善い事、悪い事があります。


受注したら善い事。

失注したら、あるいは
クレームを受けたら悪い事。

という風に分類
していると思います。


しかし、もしあなたが
今のビジネスを拡大しようと
思ったならば、

まずはあなたの
心の器を広げなければなりません。


心の器を広げれば、それに伴って
様々なものが入ってきます。

当然、断りも増えます。

当然、クレームも増えます。

それは大変善い事です。

あなたの心の器が
広がった証拠なんです。


もし、あなたが心の器を広げ、
目標を高く立て、

そして、全てのお客様を愛し、
全てのお客様に感謝しながら、

全人類を見込み客として
ビジネスをすると、

当然いろいろな人が
あなたの心の器に入ってきます。

ですから、
善い事、悪い事を分けている
暇はなくなります。

器を広くすれば、
善いお客様、
悪いお客様を
あなたの価値観で選ぶ事は
出来ないのです。


どんな組織でも、
クレーム対応が出来る人を
管理職や幹部に登用します。

業績を上げるという
攻めしかできない人は
高く評価されることはありません。


サッカーで攻守のバランスが
求められるのと同じように、
ビジネスにも攻めと守りがあるのです。


業績だけを出している人は
評価されにくいかもしれません。

クレームに強い人、

アクシデントに強い人、

こういう人が高く評価されます。


という事は、
今あなたの周りにどんどんと
クレームがきていたら、

あなたに出世のチャンスが
来ていると言えるでしょう。

業績が上がれば、
同時にクレームも増えます。


今あなたの業績が
上がっているということは、

あなたに自信をつけさせてくれる
という事です。


そして今、クレームが
きていると言う事は、

出世のチャンスが
来ているということです。


善い悪いという自分の価値観だけで
凹んだり、悩んだり、振り回されたり
することのないようにしましょう。

善い事と悪い事は分けない

これは、
あなたの人生を豊かにし、

人生を大いに飛躍するための
避けては通れない、
重要なポイントなんです。


YESと言ってサインをしてくれる人は、

あなたに自信をつけさせ、
あなたに生活と生命を
与えてくれる協力者、


そして断ってくれるお客様、

厳しい事を言ってくれるお客様、

クレームを言ってくれるお客様は、

あなたに力を付けさせてくれる、
真の協力者なんです。


人生単位で見たら、
今マイナスと思われる事が

あなたの人生にプラスに
なる事が多いのです。

善い事と悪い事は分けない、

全て協力者、全て味方・・・

岡田基良氏メルマガ(善い事と悪い事をわけない)より


team真組の周りには、真の強力=協力者がたくさんいます。感謝です!
そして、太田真史!コツコツ!顔晴り続けます!


d0172802_9361760.jpg

by ma-gumi | 2014-07-25 09:30 | 親方’s note
期待の落とし穴
あなたは、部下の行動や部下の働きに
イライラを覚えたり、
理解できないと思ったことはありますか?

仕事のできる人は、認知が長けています。
いわゆる PDCA サイクルを回すことに
長けているのです。

計画を立てて、実行して、
チェックして、また行動を起こす。

このサイクルをより速く回すことが
ハイパフォーマンスの条件であり、
仕事のできる人の条件です。

仕事のできる人が、
自分の基準で部下の働きを評価した場合、
当然のことながら基準を
満たせないでしょう。

自分は他の人より仕事ができるからこそ
リーダーになったり管理職になったり、
社長になったりするはずですので、

自分より周りは仕事が遅い、
仕事の質が低いと感じるのは当然です。

しかし、このことに気付けないと、
どうしても「自分もそうやってきた」
「自分ができたのだから、
みんなできるはずだ」
という自分基準で判断してしまいがちです。

そして、その基準に相手を押し込め、
できるはずだと期待してしまいます。

期待通りにいけば満足するでしょう。

しかし、期待した通りにいかなければ、
不満が溜まるはずです。

期待していたのに、、、
目をかけてやったのに、、、
ちゃんと教えてやったのに、、、

と、相手に対して憤りを
覚えてしまうでしょう。

しかし、期待というのは、
実は相手のパフォーマンスを引き出しません。

期待されてうれしいと感じるのは一瞬で、
相手をフローにはしにくいのです。

なぜなら、期待とは自分のつくった枠組みに
相手をはめ込もうとするものだからです。

すなわち、自分が主体であり、
結果にフォーカスした
結果エントリーな思考で、
相手の自由を奪い
プレッシャーにもなるので、
フロー化は起こしにくいのです。

ライフスキルの高い人は、
期待ではなく応援のマインドを持っています。

応援は心エントリーの思考です。

相手がどんな結果を出そうとも、
ただがんばれと思える思考が働いていると、
相手はプレッシャーを感じずに
自分のパフォーマンスを
発揮しやすくなります。

それは、相手のためにもなりますが、
実はその方が自分の気分がいいから
ということが重要です。

期待するよりも応援した方が、
自分の気分がよくフローになりますし、
相手もフローになりやすいので、
こんなに良いことはあるでしょうか?

ぜひ、お互いに応援し合える
環境をつくっていって欲しいと思います。

それがハイパフォーマンスな組織、
チームをつくっていくのです。



スポーツドクター 辻秀一氏 メルマガより
by ma-gumi | 2014-07-09 16:04 | 親方’s note
Happy Marriage!
d0172802_4351121.jpg

美男美女の登場!おめでとう!

d0172802_43644.jpg

皆様へ感謝をこめて

d0172802_437576.jpg


私の大切な仕事仲間で友人の、竹内sweet聖博&久美さんの、とても素敵な結婚式・披露宴へ
行って参りました。
大変多くの方に祝福されて幸せいっぱいのお二人、末永くお幸せに!

May your life together be full of kindness and understanding.




by ma-gumi | 2014-06-24 05:08 | 親方’s note
Father's day 14
d0172802_10223366.jpg

てれくさそうに近づいて来て、「おとうさん!いつもありがとう!」って
今年も大切な家族から、とても素敵なプレゼントをもらいました。

そして、このコメント!
「ぱぴー いつもありがと!ともだちみたいな、ぱぴーが だいスキでーす!」
「無理せず、強く!楽しんで、全力!」
「自分の身体の心配もしながら、がんばってください。」「Team真組!fight !」

またまた、やられちゃいました・・・
父の日に感謝・家族に感謝!泣き笑いの一日でした!
太田真史、父親としても親方としても、がんばりつづけます。みんな、あんやと!





d0172802_102381.jpg

う〜ん・・・どっちも太田家の宝物です!
d0172802_10243560.jpg



by ma-gumi | 2014-06-16 11:02 | 親方’s note
アウェイ脳を磨け!
d0172802_928359.jpg

いま自分がいる場所を熟知し、そこで要領のいい生き方を身につけるというのは、枠組みが変わらないかぎりは有効だといえます。けれども、その前提が成り立たなくなったら、その生き方はもう通用しません。
 つまり、特定の文脈でしか力を発揮できない人というのは、文脈が揺らぐや否や、たちまち不利益を被ることになるのです。
 そう考えると、部分最適しか頭にない人は、非常にリスクの高い人生を送っているといっても過言ではありません。。 
 そして、それは、いまの日本人のことをいっているといってもいい。
 部分最適と対になる言葉が、全体最適です。
「日本の常識は世界の非常識」という言葉があります。これはまさに「部分最適と全体最適は違うのだ」ということをいっているわけで、「自分たちの基準とグローバル・スタンダードには差がある」ということを、実は日本人もわかっているのです。
 ただ、ほとんどの人は、「世界のことなんかより、自分の身の回りに合わせることのほうが大事なのだ」と、無意識のうちに信じている。でも、これは大きな間違いだといわざるを得ません。


  『アウェー脳を磨け!』 第1章 より  茂木健一郎:著

  
d0172802_9284344.jpg


FIFAブラジルW杯の開幕戦の主審を務めた西村雄一氏!めちゃめちゃ輝いていました。
アウェイ脳!はんぱないですね!




真組の親方・太田真史!「アウェイ脳を磨け!」第4章にて、ペンギンさんにも教わりました!

by ma-gumi | 2014-06-13 09:42 | 親方’s note
バカと天才と理解
人は、自分の価値観で物事を判断する。
そして、自分以外の誰かの考えや行動も、
自分と同じ価値観で判断する傾向がある。

それはつまり、
相手の価値観を受け入れてない事になる。
相手の価値観を理解しようと
していない事になる。

しかし、自分以外の第三者の
価値観、自分とは違う価値観を
受け入れなければ、成長は望めない。

自分の価値観だけで
物事全てを判断していくのは、
とても危険な事でもある。

そうなると、他の人の行動や
考え、判断などが理解できなくなる。

そして、自分は天才だけど、
あいつはどーしょーもないバカだ。
という単純で、魅惑的な結論に
いたろうとする。

さて、この状態は
いい状態といえるだろうか?
この状態で人は
成長できうるんだろうか?

誰かの行動や判断が気に入らない時、
そんな時、もしかしたらあなたは、
その人の価値観を
無視しているのかもしれない。

何故、その人がそういう判断をして、
そういう行動をとったのか、
理解しようという努力を
放棄してしまっているのかもしれない。

そして、自分の価値観を
押し付けようとしているのかもしれない。

何故、彼はそんな行動をしたのか?
何故、彼女はそう判断したのか?
何故、彼はあんな態度を振舞うのか?

その理由を考えてみよう。
その原因となる、価値観や知識、
考え方などを理解しようとしてみよう。

そうすることで、
その人は全く違う現実を、、、、
あなたと同じものを見てたとしても、
あなたとは全く違う現実を
見ていることにきづく。

そうすることで、
新しいモノの見方、新しい考え方、
新しい価値観を
あなたは理解することができる。

そして、望めば、
それを手に入れることができる。

自分の考えを理解してもらうには、
まず、相手の考えを理解しようとする事。
相手を知ろうとすること。

相手に自分が勝手につけた、
レッテルから見るのではなく、
本当の相手の姿を見ようとすること。

-小川忠洋氏のメルマガよりー

真組の親方・太田真史!まだまだ修行中!
by ma-gumi | 2014-06-05 09:20 | 親方’s note