<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Happy Marriage!
d0172802_4351121.jpg

美男美女の登場!おめでとう!

d0172802_43644.jpg

皆様へ感謝をこめて

d0172802_437576.jpg


私の大切な仕事仲間で友人の、竹内sweet聖博&久美さんの、とても素敵な結婚式・披露宴へ
行って参りました。
大変多くの方に祝福されて幸せいっぱいのお二人、末永くお幸せに!

May your life together be full of kindness and understanding.




by ma-gumi | 2014-06-24 05:08 | 親方’s note | Comments(0)
Father's day 14
d0172802_10223366.jpg

てれくさそうに近づいて来て、「おとうさん!いつもありがとう!」って
今年も大切な家族から、とても素敵なプレゼントをもらいました。

そして、このコメント!
「ぱぴー いつもありがと!ともだちみたいな、ぱぴーが だいスキでーす!」
「無理せず、強く!楽しんで、全力!」
「自分の身体の心配もしながら、がんばってください。」「Team真組!fight !」

またまた、やられちゃいました・・・
父の日に感謝・家族に感謝!泣き笑いの一日でした!
太田真史、父親としても親方としても、がんばりつづけます。みんな、あんやと!





d0172802_102381.jpg

う〜ん・・・どっちも太田家の宝物です!
d0172802_10243560.jpg



by ma-gumi | 2014-06-16 11:02 | 親方’s note | Comments(0)
アウェイ脳を磨け!
d0172802_928359.jpg

いま自分がいる場所を熟知し、そこで要領のいい生き方を身につけるというのは、枠組みが変わらないかぎりは有効だといえます。けれども、その前提が成り立たなくなったら、その生き方はもう通用しません。
 つまり、特定の文脈でしか力を発揮できない人というのは、文脈が揺らぐや否や、たちまち不利益を被ることになるのです。
 そう考えると、部分最適しか頭にない人は、非常にリスクの高い人生を送っているといっても過言ではありません。。 
 そして、それは、いまの日本人のことをいっているといってもいい。
 部分最適と対になる言葉が、全体最適です。
「日本の常識は世界の非常識」という言葉があります。これはまさに「部分最適と全体最適は違うのだ」ということをいっているわけで、「自分たちの基準とグローバル・スタンダードには差がある」ということを、実は日本人もわかっているのです。
 ただ、ほとんどの人は、「世界のことなんかより、自分の身の回りに合わせることのほうが大事なのだ」と、無意識のうちに信じている。でも、これは大きな間違いだといわざるを得ません。


  『アウェー脳を磨け!』 第1章 より  茂木健一郎:著

  
d0172802_9284344.jpg


FIFAブラジルW杯の開幕戦の主審を務めた西村雄一氏!めちゃめちゃ輝いていました。
アウェイ脳!はんぱないですね!




真組の親方・太田真史!「アウェイ脳を磨け!」第4章にて、ペンギンさんにも教わりました!

by ma-gumi | 2014-06-13 09:42 | 親方’s note | Comments(0)
バカと天才と理解
人は、自分の価値観で物事を判断する。
そして、自分以外の誰かの考えや行動も、
自分と同じ価値観で判断する傾向がある。

それはつまり、
相手の価値観を受け入れてない事になる。
相手の価値観を理解しようと
していない事になる。

しかし、自分以外の第三者の
価値観、自分とは違う価値観を
受け入れなければ、成長は望めない。

自分の価値観だけで
物事全てを判断していくのは、
とても危険な事でもある。

そうなると、他の人の行動や
考え、判断などが理解できなくなる。

そして、自分は天才だけど、
あいつはどーしょーもないバカだ。
という単純で、魅惑的な結論に
いたろうとする。

さて、この状態は
いい状態といえるだろうか?
この状態で人は
成長できうるんだろうか?

誰かの行動や判断が気に入らない時、
そんな時、もしかしたらあなたは、
その人の価値観を
無視しているのかもしれない。

何故、その人がそういう判断をして、
そういう行動をとったのか、
理解しようという努力を
放棄してしまっているのかもしれない。

そして、自分の価値観を
押し付けようとしているのかもしれない。

何故、彼はそんな行動をしたのか?
何故、彼女はそう判断したのか?
何故、彼はあんな態度を振舞うのか?

その理由を考えてみよう。
その原因となる、価値観や知識、
考え方などを理解しようとしてみよう。

そうすることで、
その人は全く違う現実を、、、、
あなたと同じものを見てたとしても、
あなたとは全く違う現実を
見ていることにきづく。

そうすることで、
新しいモノの見方、新しい考え方、
新しい価値観を
あなたは理解することができる。

そして、望めば、
それを手に入れることができる。

自分の考えを理解してもらうには、
まず、相手の考えを理解しようとする事。
相手を知ろうとすること。

相手に自分が勝手につけた、
レッテルから見るのではなく、
本当の相手の姿を見ようとすること。

-小川忠洋氏のメルマガよりー

真組の親方・太田真史!まだまだ修行中!
by ma-gumi | 2014-06-05 09:20 | 親方’s note | Comments(0)